キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 早めの決断で任意売却へ。 : 奥が深い任意売却in仙台市

早めの決断で任意売却へ。

奥が深い任意売却in仙台市

宮城では弁護士による無料相談も継続中です。自分の意思で売却価格さえ決められない競売になるよりは、早めの決断で任意売却の道を選択したほうが得策です。

奥が深い任意売却in仙台市メインimage

早めの決断で任意売却へ。

任意売却というのは、住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合に、購入している不動産を購入者の意思と決断で売却できる制度です。

任意売却せずにそのまま住宅ローンの返済をしないままにしておくと、債権者である銀行・金融機関から差押えという最終手段を行使され、競売にかけられるという最悪の事態になります。

宮城をはじめとする東北地方は漁業が盛んな町で、これまでは多くの水産業者さんが、それを生業として生計を立てていました。

しかし不幸なことに東北大震災が起こり、多くの家屋が失われてしまった当時は、住宅ローンで新築していたマイホームが多数あり、被災者の中には、たとえ家屋が残されていても任意売却という手段を取らなければならない世帯が後を絶ちませんでした。

これを契機に宮城・仙台の弁護士事務などでは、住民からのさまざまな法律相談に応じたり、任意売却という法律の無料相談会を開催したりもしてきました。

現在でも継続しています。

競売と任意売却の大きな違いは、任意売却であれば不動産の持ち主である債務者が自由に売却価格を設定できますが、競売は債権者である金融機関が売却価格を決定するといった点です。

購入者であるマイホームの持ち主は、自分で価格を設定できず、もちろん価格交渉や売却時期などを決めることもできません。

いわゆる普通の不動産売買というスタイルとはかけ離れた強制的な売却です。

多くは安値で競売市場に出され、住宅ローンの残債もそれだけ多額になります。

債務者はその後も残債分を返済しつづけなければなりません。

売却代金はそのほとんどを債権者である金融機関のものとなります。

震災から4年、5年と経過していく中でも、宮城をはじめとする東北近県には、いまだにこうした物件や問題を抱え苦しんでいる方が大勢いらっしゃいます。

任意売却を希望する場合、不動産査定の費用などは、その不動産業者に売却を依頼するのであれば一切かかりません。

査定にあわせて売却価格を設定し、通常の売買契約を結ぶことができます。

早めの決断で、競売という事態からの脱却を図りましょう。

Google
www を検索 奥が深い任意売却in仙台市を検索
(C) www.aboutconception.com. All Rights Reserved.